酢というのは腐敗も防ぐ

酢というのは、調味料として非常に優秀でもあります。酸味が強いことになりますから、苦手な人はとても苦手でしょうが、食材の腐敗を防いだり、或いは味にアクセントをつけることができるようになりますから、よく使うことでしょう。酢の味付けというのは本当に難しいことになりますから、使い勝手が大変ではあります。酢ですが濃度によってやはり大きく違うことになりますから、それに合わせて料理に利用する、ということがよいことになります。

 

どこで生産された酢なのか、ということによってやはり微妙に味わいが違うことになります。酢には、いろいろとメリットがあるのですが若返りというのもあったりします。つまりは、体が錆びることを抑えることができる、というメリットがあるわけです。ですから、それなりにそのまま飲むということにも利点があったりします。酢はさすがにそのまま飲むというのに抵抗感がある人も多いでしょうが慣れれば割といけます。

お酢を使って南蛮漬けを作っています

さっぱりとして冷めて美味しい南蛮漬けは、普段からよく作っています。アジを買ってきて、三枚下ろしにした後、片栗粉を漬けてカリっと揚げた後に冷蔵庫にある野菜をカットして南蛮漬けを作ります。南蛮漬けのタレは、お酢・砂糖・お水・塩コショウです。野菜はキュウリ・人参・新玉ねぎをよく使用しています。スライサーでカットして使うなど、手軽に利用することができますし、冷えても美味しく保存も効くので、一晩おくとしっかり味が染み込んで、アジの骨も柔らかくなるなど、かなり栄養価も高くなります。

 

魚はなかなか食べないことが多くなりがちなので、南蛮漬けを作っておくと、夕飯にサッと出して味が染み込んだ南蛮漬けは美味しいですし、ヘルシーで魚や野菜を沢山食べることができるので一石二鳥です。お酢を使っているので、やはり魚の骨も柔らかくなるので、食べても骨も柔らかいので安心です。とても美味しいので、かなり自宅でも高評価になっています。

副作用が無いので安心して摂れるお酢

体にいい食材や無添加の調味料などを通販で購入しています。少しでも長生きするために必要なことは栄養が高い食材を使って料理をすることです。健康効果があるおかずを食べることでやっかいな病気になるリスクを大幅に減らせます。健康効果のある調味料として有名なのはお酢です。お酢をしっかり摂ることで体質が改善するので健康になりたい人におすすめです。お酢は普通の調味料とは違い多くの栄養分が含まれています。そのため、お酢を適度に使ったおかずは非常に健康に良いので積極的にお酢を摂るようにするといいです。また、お酢を少し摂ったくらいでは健康効果をすぐに実感することは難しいですが、しばらくお酢を摂り続ければ高い健康効果を得ることができます。また、お酢は美容に良いので綺麗になりたい女性におすすめできます。お酢はサプリのように身体に良い効果がありますが、副作用がないのは大きなメリットです。どんなに健康に良い調味料でも強い副作用があるならば飲まない方が無難ですが、お酢を飲んでも身体に害はないので安全です。

お酢で簡単サワードリンクのすすめ

 健康飲料として人気のりんご酢やザクロ酢、黒酢ドリンクですが、定期的に飲むとなると経済的にちょっと考えてしまいますよね。でもこのサワードリンク、お安い穀物酢で案外簡単に作れるんです。
 我が家では梅の木があり毎年梅の実がたくさんとれます。最初は梅酒や梅干しなどの定番を作っていたのですが、ここ数年はほとんどサワードリンクにしています。1番の理由は簡単だからですが、2番はおいしくて健康にいいからです。梅の実で作ったサワードリンクはさわやかで夏の暑さを乗り切るのにぴったりの飲み物です。5月になったら早速作ってみてほしいです。
作り方はとっても簡単、梅の実を洗って乾かしヘタを取ります。同量の砂糖か氷砂糖と穀物酢と一緒に密閉容器に入れ、時折揺らし混ぜながら3週間ほど待つだけです。お酢の効果でかびにくいのもありがたいです。
 飲み方は水で薄めて氷を浮かべるだけです。水を牛乳に替えるとヨーグルト風になります。
実家の母は大根なますで85歳の今も元気はつらつといつも自慢しており、私も見習いたいと思っているのですが、なますは作るのがちょっと大変なので、サワードリンクで健康を目指したいと思っています。
 ちなみに、果物は何でもオーケーです。頂き物や余った果物があったら、是非チャレンジしてみてください。我が家での1番人気は目にもいい桑の実サワードリンクです。おいしいので桑の実が手に入ったら是非作ってみてくださいね。

サワードリンクで美味しくお酢を飲もう

お酢には疲労回復などの健康効果、ダイエット効果、美容効果があると言われていますがお酢を使った料理となると酢の物くらいしか思いつかないなんて人も少なくないでしょう。

1日大匙1杯のお酢を摂取する方法で困っている人に紹介したいのがサワードリンクです。サワードリンクとはお酢と氷砂糖で果物を漬けたフルーツ酢で自宅で簡単に作ることが出来ます。

通常の穀物酢でのいいのですが、リンゴ酢や黒酢を使うとよりまろやかな味となります。目安は瓶にお酢200mℓに対して氷砂糖200gを入れてあとは果物を投入するだけです。基本的にフルーツは何でもいいのですが、レモン、みかん、ゆずなどの柑橘系だとビタミンが摂れますし、りんご、バナナ、ブルベリーなどもお勧めです。またドライブルーつのプルーンなどでも手軽に作ることが出来ます。

サワードリンクは漬けた翌日から飲むことが出来る手軽さが魅力ですし、飲む際に水で薄めて濃さを調節することが出来るのでお酢が苦手な人でも飲むことが出来ます。最近は氷砂糖を用意する必要がないサワードリンク酢も販売されているので興味がある人は試してみて下さい。

お酢を使った手羽元の煮物のレシピ

我が家ではお酢を使うといえば酢の物か手羽元の煮物かというくらい定番メニューです。材料は手羽元8本とお酢と水150cc、醤油大さじ3、砂糖大さじ2、みりん大さじです。まず手羽元をよく洗ってから下ゆでします。手羽元は火が通りにくいので我が家では下ゆでします。沸騰したお湯にだいたい2、3分くらい茹でます。一度取り出してまた水洗いします。血合いなどを取り除きます。あとは鍋に材料を入れて煮ていきます。鳥の臭みを取るために生姜を少し入れてもいいです。

 

弱火から中火でだいたい15分くらいにます。途中であくを取ることも忘れてはいけません。水分が減ってきたら焦げないように注意しながら照りが出るように少し火を強めます。照りができれば完成です。お好みでゆで卵を入れても美味しいです。疲れた体にはお酢がいいと言われます。ぜひ疲労回復をと思ったら試して欲しいレシピです。最後のてりをつけるところは非常に焦げやすいので十分に注意して欲しいです。実際に私は何度か焦がしています。もし焦げてしまったらタレは捨てて肉は少し水洗いします。そして分量の半分くらいの調味料を再び作り火にかければなんとかいけます。

梅干とお酢は相性抜群です

すっぱいものは、体にいいと分かっていてもつい食べることを躊躇することがあります。レモンの風味などは、たくさんのお菓子に含まれていることが多く、自然な感じで食べることができますね。酸っぱいとそんなに感じないので、レモンの香りを楽しむお菓子と思うことができます。
その時、お酢も体にいい調味料として、もっと活用させたいですね。お酢と言うそのままの感じを出すよりも、ほかのモノと一緒にすることにより食べやすくなります。

 

そのほかのものの一つとして、梅干を上げることができます。梅干は、そのまま食べるととても酸っぱいのですが、調味料のひとつとして使うことによりとても手軽に栄養を取ることができます。
そしてその料理として、酢の物などに梅干とお酢を一緒に混ぜたものを使うと、味の変化を感じて美味しくすることができるのです。梅風味の酢の物は、くせになる味なので、是非試してみましょう。お酢をそんな風に、ほかのモノと混ぜて楽しみましょう。

昆布とお酢でまろやかな漬物ができる

料理をする時に、よく使うものとして昆布だしがあります。昆布出しは手軽に使うことが出来る調味料として、とても便利ですね。いろいろな料理の味を、それを使うことにより決めることができます。それを使うと、なんとなくぼやけている味もぴしっと引き締めることができるのでとても便利です。

 

そんな時、その昆布出しをお酢と一緒に使うことにより料理の幅を広げることができるのです。お酢だけだとちょっと苦手と言う人は昆布出しを使うことにより、食べやすくなるのでどんどん試してみましょう。

 

そして、その昆布出しとお酢を使って漬物を作ってみませんか?漬物はさっぱりとした味が魅力ですね。そのため、お酢を使うことにより、よりさっぱり感を出すことができます。そのお酢と昆布出しを混ぜて、野菜を付け込むだけでいいのです。昆布のグルタミン酸とお酢の爽やかな酸味が、とても美味しい一品です。野菜をたくさん取れるので、その漬物を試してみてくださいね。